リング

ランキングで人気の婚約指輪を調査|二人が大満足のリングを選ぶ方法

まだまだ下がり続ける

結婚式

給料3か月分は本当か

婚約指輪は種類が膨大であり、値段もデザインもピンキリで、結局相場はどれくらいなのか気になりますよね。かといって人に聞くのも憚られるものです。バブルの頃の相場は「給料3か月分」なんて言われていましたね。若い人には信じている人も多いようですが、これは宝石業界のキャッチコピーで明確な根拠がある訳ではありません。バブルの頃は普通のサラリーマンでもこれくらい出せましたが、不況の現在、そんな人は限られるでしょう。では最近の相場はいくらかというと、平均が30万円超、最多価格帯が20万円〜40万円と給料の1か月分です。親族から頂いたものをリメイクしたり「買わない」という選択をする人も増えているので、減少傾向はしばらく続くでしょう。

タンスの肥やしではない

最近の若いカップルは婚約指輪はタンスにしまっておくものではなく使う物、という考え方の人が多くなってきています。そのため従来の大きなダイヤをドンとあしらったソリティアタイプはいかにも「婚約指輪」というようなデザインで、普段使いがしづらく人気が落ちてきています。一方で人気急上昇中なのがダイヤをアームにぐるっと敷き詰めたエタニティリングで、婚約指輪と結婚指輪を1本で兼ねられますし、費用の節約にもなります。結婚指輪と婚約指輪を重ね付けできるようなセットリングも人気です。このような1粒で2度美味しいような指輪の登場も、婚約指輪の相場を下げている原因の一つでしょう。控えめで目立つのを嫌がる日本人の国民性が変わらない限り、婚約指輪の相場は下がり続けるかもしれません。